ムズムズ脚症候群

普通の生活をしている人にはなかなか馴染みのない言葉かなと思います。

簡単に言うと足がムズムズしてしまって寝れないとか、睡眠が浅くなってしまうとかの症状です。

なかなか経験のしたことない人には伝わりづらいと思います。

私もムズムズ脚症候群

診断は受けていないので、自称になってしまいすが。

足がムズムズしてしまって、止まっていられないっていうんですかね?

私の場合はふくらはぎの中を虫が這っているような感覚を持ちます。

足を蹴っ飛ばすような動きをすると楽になり、足をバタバタしたりして症状を緩和していました。

原因は不明

一説に神経伝達物質の異常と言われています。

神経伝達物質とは色々あるのですが、セロトニン、ドパミンなどが関与していると言われています。

ドパミンていうのは身体を動かすのにとても重要な働きをしています。

セロトニンというのは幸せホルモンと言われている神経伝達物質になります。

セロトニンはうつ病の治療にも薬が用いられるほど、楽しいとか感じる為にとても重要な働きをしています。

その為、精神の治療をしている人などに症状があらわれやすいです。

中にはいるかもしれませんが、人生楽しい!って人にこの症状が出ていると、あまり聞いたことがありません。

もし私そうだよ。って人がいたらすいません。

私の対処法

私は当初は足のムズムズする不快感に対応するように、ムズムズすると蹴っ飛ばしたり、足をバタバタしたりしていました。

これで少し楽になっていたんですが、ふと我慢してみようと思った時があったんです。

そしてそれが今の対処法になりました。

我慢ていうのは少し表現が違いますが、無になります。

無というか足にムズムズしても動かさず、そのまま放置します。

足だけというより全身力を抜いてリラックスするイメージです。

そうすると楽になるんですよ。

ムズムズするから蹴っ飛ばすとか、足をバタバタするとかしているとさらにムズムズしてきたり、ふいにまたムズムズしてくるんです。

けど無になり、力を抜いてリラックスするよう意識をすると楽になるんです。

私の場合になりますので、皆さんと同じ対処法になるとは限りませんが、私はこれで楽になっているのでお試しください。

1番の対処法は気持ちを上がること

昔はこの症状なかったとかって人もいると思います。

その当時と比べて、今ストレスはどうですか?

もしストレスを感じていて、昔の方が楽しかったと思うことがあるなら、楽しいと思える日々を送れるようにしましょう。

そんな私は

私は現在進行系で悩んでいます。

適応障害の診断を受けてから、6年か7年経ちますが、徐々にこの症状が現れて、今も完治はしていません。

けど無になる。という対処法でそんなに、ムズムズ脚症候群については悩んでいません。

けど気持ちをあげることということについては、目先のことを考えれば私の場合は治るのかもしれません。

将来のことを考えすぎて、今も悩んでしまっているので、毎日友人と飲みに行く、奥さんや子供と楽しく過ごす。

なんてことが出来たら治るのかもしれません。

けど現実は仕事もしなきゃいけない、家事、育児もしなきゃいけない。

なによりお金がないとそんな生活はできない。

てなるとなかなか私の理想通りというのは難しいので、ストレスに耐えながら仕事をして、家事、育児をするという日々を送っています。

なかなか治りはしませんが、1回崩してしまったメンタルと今は上手く付き合いながら生活をしています。

皆さんと一緒に、楽しみを増やしていって、楽しく生活して、自律神経を整えて、私自身も気持ちを上げれるよう頑張りたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました